2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
若い死
2009/01/10(Sat)
元部下の子が亡くなりました。

31歳という若さでした。

病と闘っての結果でした。

彼女は私が休職することになったとき、店の後を守ってくれていました。

初めの復職の時も温かく迎えてくれました。

私が再び休職することになったときに、チーフになりました。

大変だったと思います。

たくさんストレスがあったと思います。

病気の再発を知ったのは去年の6月でした。

申し訳ない思いでいっぱいになりました。

私が病気にならなかったら、彼女も再発することはなかったかもしれません。

でも、きっと元気になって戻ってきてくれると思っていました。

その時は、ちゃんと謝ろうっておもっていました。

でも、もう謝ることはできません。

心が、どんと重くなっています。

不思議と涙が出てこないのです、どうして・・・

まだ、彼女の死を受け入れることができていないのでしょうか・・・

今、彼女の死を受け入れることができずに悲しみ、苦しんでいる子がいます。

その子のことも心配です。

私は、いまのところ、食事もとっているし、仕事もできています。

でも、心の重さはどんどん増えていくような気がします。

何かしていないと、心の重さに押しつぶされそうで、必要以上に動いています。







ランキングに参加しています。応援ポチよろしくお願いします。m(__)m
FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | うつ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
何て悲しいことでしょう。
私の親年代が亡くなっても辛いのに、31歳とは…。
私も昨年暮れ、30代の遠い親戚が本当に突然の事故で亡くなり、また昔からよく知ってる友達のお母さんの体調もあまりいい状態じゃなく心が重いです。
チーフさんて、いつもkaze花さんのお話に出て来ていた方ですか?
だけど決して「誰かのせい」という風に考えてはいけないと思いますよ。
ただただご冥福をお祈りします。


2009/01/10 22:13  | URL | チャラリ #-[ 編集] ▲ top
- ご冥福お祈りします -
kaze花さん、そんな悲しい出来事があったんですね。
おつらいですね。kaze花さんのお体も心配です。
そして亡くなられた方のご両親のことを考えると、言葉がみつかりません。
私自身は、ごく身近な存在で若くして・・・っていう経験がないものですから、今のkaze花さんの気持ちに、本当の意味で心に寄り添うことができないですが、ただ思うのは、これは誰のせいでもないことで、悲しすぎることですが、その方がこの世界で与えられた命を全うしたと思って、深く深くご冥福をお祈りして差し上げることが大事なんじゃないかと思います。
kaze花さんは、いろんな想いを一通り味わわなければならないかもしれませんが自分の感情を押し殺したりしないで、泣きたくなったら思いっきり涙を流して泣いてあげてくださいね。心が重くなったら一人で支えないで
誰かに寄りかかってくださいね。kaze花さんも、kaze花さんの周りの悲しんでおられる方も苦しいでしょうが、いつかゆっくりと時間が癒してくれることを信じて祈っています。そして、やっぱり今この世に生かされていることに改めて感謝したいと思います。大事に生きていきたいですね。
2009/01/10 23:32  | URL | みんみん #-[ 編集] ▲ top
-  -
おはようございます。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。私も5~6年前に1ヶ月の間に突然死で直属の上司と、同じ部の同期が亡くなったことがあります。直属の上司は、生活習慣がすごく悪くて自業自得的なことがありましたが、同期のときは子供が生まれて1週間しかたっていなかったため、かなしいとかそんな言葉も浮かばなかった気がします。ただ泣いている奥さんと目も開いていない赤ちゃん。今でも忘れることはできません。ただ、残された人はその人が生きた証なのですから、つらくてもがんばっていかなければいけないんだと思います。そのときどんなにつらくても、いつの間にか普通にしていられるようになる。人ってあんがい強いもんだなと今になって思います。
2009/01/11 09:27  | URL | だいご #-[ 編集] ▲ top
-  -
Kaze花さん、こんにちは。

悲しい出来事があったのですね。
この間まで一緒に働いていた方が、病と闘いながらも亡くなってしまったこと、
受け入れることが出来ないのは、自然のことだと思います。
Kaze花さんもとっても辛かったと思います。
でも、ご自身を責めないで下さいね。
Kaze花さんの気持ちは、ちゃんと天国に旅立った同僚の方に
伝わっていると思いますよ。
我々は、生きていることに感謝しながら生きて行きましょうね。
その方のご冥福をお祈りします。
2009/01/11 11:44  | URL | lucy華望 #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは
残念なお話ですね。悲しい出来事ですね。
酷い物理的な傷を負った時、人は痛みを感じさせないようにアドレナリンが出ますよね。
あまりに悲しい出来事ゆえに同じ様に神経伝達物質が出ているのかも知れませんね。
そんなものがあるかわかりませんが。
私は中学1年の時、同じ部活の同級生が部活中倒れてそのまま帰らぬ人になりました。
同じ様に涙は出ませんでした。
しかし日を追うごとにその現実に打ちのめされていきます。
医師にご相談することをお勧めします。
2009/01/11 17:48  | URL | トマト #-[ 編集] ▲ top
-  -
うっ!

激励の お礼に来たら。。。

kaze花さん お互い悲しいことが続きましたね。
再発、亡くなられたのはkaze花さんのせいではありません。
あまり自分を責めないでください。

kaze花さん!私を励ましてくれたではありませんか!!
絶対 kaze花さんが悪いのではありません!
悲しみは痛いほど分かります。
亡くなられた方はkaze花さんの病気が酷くなることを望んでいませんよ。
病気に打ち勝つことを喜んでくれると思います。
kaze花さんの心が早く落ち着きます様に。


お友達の
ご冥福を お祈りいたします<(_ _)>
2009/01/11 20:24  | URL | miyu #ncVW9ZjY[ 編集] ▲ top
-  -
人生なかばというより、まだ前半なのにそんなにお若くして
亡くなられるなんて・・・・
ほんとに残酷な神様もいらっしゃいますね。
kaze花さんのつらいお気持ちわかります。
その方の分までkaze花さんが強く生きてください。
2009/01/12 16:15  | URL | こぶた #-[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。
何とお言葉を掛けたらいいのか…

ただ言いたいことはKaze花さんが病気だから
とかそういうことではないので、ご自身を責めないで
下さいね。
元部下さんもそんな風に思われるのは望んでいない
と思います。
何かをしていないと…というのは自然のこととも
思います。でもムリしないで下さいね。
元部下さんのご冥福をお祈りいたします。
2009/01/12 16:20  | URL | みにぽん #-[ 編集] ▲ top
- 言葉も見付かりません -
あまりに早すぎる死ですよね。
元部下さんのご家族の心痛を思うと、心が痛みます。
Kaze花さんも、今は涙もでないぐらいに打ちのめされて居られるのでしょうが、涙は心を洗い流してくれます。泣きたくなったら大声を上げて泣いて下さいね。
Kaze花さんが悪い訳でも、誰かに責任がある訳でもないと思います。亡くなられた方の一生懸命生きられた人生を誉めてあげて下さい。
亡くなられた方のご冥福を祈ると同時に、Kaze花さんが一日でも早く立ち直られる事を祈っています。
2009/01/12 23:06  | URL | タバコ #-[ 編集] ▲ top
-  -
kaze花さん
私が、親友を亡くしたのは、37歳の時でした。
35歳で病気になって、ずっと闘ってきて
2年後に再発しました。
亡くなった年に、一緒に旅行しようと約束したのに
果たせなかった。
それから入院した連絡をご主人から受けました。
どうしようと思っていた矢先、友から電話がありました。
「今日、退院したの、真っ先に電話したの」
明るい彼女の声でした。
いつもは夏にしか帰省しないんだけど、
「お正月帰るから、待っててね。会いに行くから」
そう言うと、彼女はすごく喜んでくれました。
秋の日でした。
そして、それが最後の会話になりました。

今でも、なんですぐに行かなかったんだろうと
思います。
母の時も、間に合わなくて、
いつも、間に合わなくて・・・
いつも、もっと、何かできたんじゃないか・・・
ずっと、そんな思いは消えず・・・
納得できた別れなんて、一度もなかった。

でも、親しい人を亡くすという事は、
どんな状況であろうと、
納得きないものなんだと思います。

今でも、二人の若すぎた死は
なぜなのか、私にはわからないのです。

でもね
誰のせいでもないんですよ。
ただ、かなしいですね・・・

あったかくして、ごはんは食べてくださいね。
今はつらくても、
彼女は、kaze花さんの中で
生きています。
いつか、そんな事を実感できる日が
必ずきます。

だから、無理しないで、ゆっくり
待ちましょう。

ご冥福お祈りいたします。



2009/01/13 20:31  | URL | みーこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
そんな辛い出来事があったんですね
kaze花さんの心は相当ショックを受けてしまったんでしょうね
後悔でいっぱいですか?
でもきっとその気持ちは亡くなった方に通じてると思いますよ
重い気持ちが軽くなるにはしばらく時間が必要かもしれませんね
でもkaze花さんがこの経験をお忘れにならずに
次に生かせたらいいんじゃないかと思います
生意気な事言ってたらすみません
亡くなられた方にご冥福を、kaze花さんが元気になることをお祈りします
2009/01/14 11:17  | URL | りーあん #-[ 編集] ▲ top
- コメントありがとうございます -

v-254チャラリさん、みんみんさん、だいごさんlucy華望さん、トマトさん、miyuさんこぶたさん、みにぽんさん、タバコさんみーこさん、りーあんさん

   みなさま、温かいお言葉ありがとうございました。
   みなさまから頂いたコメントを読みながら、泣いてしまいました。
   重石が乗っかったように、ずっしりと重かった心が、少し軽くなったように思います。
   
   お一人お一人にお返事をしたいのですが・・
   まだまだ、その元気が出ません。
   すみませんm(__)m

   皆様がおっしゃってくださったように
   亡くなった彼女の冥福を祈るとともに、
   私が早く元気になるのが一番と思って思います。

   本当にありがとうございました。
2009/01/14 17:41  | URL | Kaze花 #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://huuka2007.blog88.fc2.com/tb.php/252-d5e3ad2f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。